FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

リョウより ~~獣の声 (その2)

ふと、思う。

私、すごい顔してるだろうな。
髪も乱れて、顔も歪んで、以前ならこんな顔、藍に見せられなかったな・・。




藍に言われて気づいたのだけれど、自分でも、乱れ方が「M」だと思います。
普通の女性が、普通にSEXをしていて、普通に感じている時とは、明らかに違う反応なのです。

自分で自分の顔を見たわけではないけれど
想像上の私の顔は、昔読んだことがある漫画の、Mの少女の表情でした。



何度、叫んだだろう。

「・・・・イヤぁぁああああ!!イヤ、イヤ、イヤぁ!!」

何度、お願いしただろう。

「もうダメ!ねぇ、あい!・・ダメ!!」


強力な快感に汗だくになりながらも、私の身体は感じることをやめない。


そして、体力の限界が近づく。
「おねがい、もうだめ・・」
やっと私への責めを終わらせ、夢の世界に行こうとする私に、藍の優しい言葉が届いた。

「リョウ? 後ろ向いて」

藍に抱きしめてもらうように、身体を預けながら、私はベットに突っ伏します。

私は何をされるのか、わかっています。
でも、抵抗できないのです。
体力的に抵抗できないというのもありますが
まだ、責めてほしいと望んでいる私が、ここにいるのです。



また、獣の声が聞こえる。
藍に後ろを指で犯されて、感じてしまっている、獣の声。
いつまでも続く、メスの獣の声。



            私の、声。



P.S.

リョウの日記は、今日までです。
やっぱり、リョウの立場から見ると同じ事象も
全然違って見えるのですね。
本当におもしろいです。

明日からはまた、藍の日記に戻ります。


P.S.2

写真では良く見えませんが、これはリョウが自分の愛液を舐めているものなのです。
指も白くなるほど、リョウは興奮していて・・・思い出すとドキドキしてしまいます。
でも、こういう写真は難しいですね・・・
もう少し、撮影の仕方を勉強しないと。


20041113233137.jpg


「リョウより ~~獣の声」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

リョウより ~~獣の声 (その1)

獣のような声が聞こえる。


朦朧とした意識の中聞こえたのは、とても不思議な声。

これは、誰の声?
聞き覚えのない声。
知らない声。

だけど、とても声が近い。



            他人の声のように聞こえるのは、私の声?



藍の指が、仰向けに寝ている私を犯す。

身体に、異常に力が入っている。
全身の筋肉が、硬直している。

震える、手足。
私の意思とは別に、勝手に動く腰。

無意識に、何かをつかもうと、もがいた。

シーツをつかみ、握り締め、また離し、空をつかみ
何かつかもうとしても、何をつかみたいのかわからず
手を振り回し、ベットを叩き
そして、藍の足に爪を立てた。

(たすけて・・・!)

声にならない声。


だめ。それはだめなの。
熱い。あそこが熱い!
お願い、許して。


            イキたい、イキたい、イキたいの!!!



このままイクことが出来れば、どんなに楽だろう。
頭に、靄がかかった状態で思う。

思考が、ほとんど進まない。

考えることは、ただ「イカせて!!」だけ。


目を開けてみる。

藍の顔。愛しい、藍の顔。
私を見ているはずなのに、藍の顔がぼんやりとしか見えない。



(つづく)



P.S.

今日から、リョウの日記の連載です。
丁度昨日までの私(藍)の日記の、リョウから見た日記になります。


20041113233101.jpg


「リョウより ~~獣の声」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

おかしくなった日(その14)

リョウの美しい顔の中心に自分自身を押し込んで、リョウの呼吸に合わせて
私は、リョウの喉を犯しました。

喉の奥の凹んだところに、私自身の先端が当たると
なんともいえない気持ちよさが、私を襲いました。
リョウのあそこも、アナルも、こんなことはありません。
かぽっと収まる感じ。すごく気持ちいいのです。

「あ・・・そこ、そこ・・ん・・気持ちいい。リョウ、気持ちいい」

でも、これはリョウにとっては辛かったようです。
喉を責められるというよりは、呼吸を止められる、そんな感じらしいのです。
ぐはっと大きな音を出して、リョウがヌルヌルの唾液(胃液?)を吐き出しました。

私はそれを私自身に擦り付けるようにいい、そしてまたリョウの喉を犯し始めます。
少しずつ奥へ、そして少しずつ強く。

2,3回、リョウが私を吐き出したところで、時間切れになりました。
リョウは頬を中心に、ヌルヌルの唾液を吐き出して、べとべと状態でした。
私は、リョウのべとべとを全て舐め取ってあげました。
リョウは・・酸欠もあったのでしょうか、呆然としてなすがままでした。
後で聞いたところ、このイラマチオ自体に、リョウは嫌悪感を持っていないようでした。
事実、行為をしていて、リョウの反応もそんな感じでした。


別れは、いつもどたばたになります。
時間ギリギリまで遊んでしまう、私達の悪い癖です。
また、なるべく早く会うことを約束して、私達は見えなくなるまで手を振って別れました。


P.S.

長い長い連載も、ようやく今日で終了です。(笑)
いままでで、最長記録かな・・・?
でも、この日のことは何故か、こと細かに残しておきたいと
思ってしまっていました。


20041113233024.jpg


「おかしくなった日」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

おかしくなった日(その13)

前から1度してみたいと思っていたこと。
リョウは、どんな風に感じるのだろうか?
私は気持ちいいのだろうか?
時間は、あまり残っていませんでした。
ほんの少し試してみるつもりで、私はリョウに協力を頼みました。

私は仁王立ちになりました。
リョウには、私の前で、床に正座してもらいました。
リョウの目の前には、私自身が来ます。

何も言いませんでしたが、リョウはすぐに私自身を口に咥え、愛撫を始めます。
そこまでは同じでした・・・・

リョウの喉を責めたい。犯したい。
私はこの時、そう思ったのです。世間で言うイラマチオ・・・。

「ちょっと苦しいよ。力を抜いて。少し我慢してね。」

リョウは、コクリと不自由な顔を動かしました。
私はリョウの頭の後ろを両手で押さえて、徐々にリョウの喉の奥に私自身を押し込んでいきます。

ん・・んんん・・・ぶほぶほ・・はぁ・・・・

息苦しくなったリョウを見て、すぐに押さえ込む力を弱めました。

「喉の奥をね、開く感じにして。いい?呼吸合わせて」

私は今度は、リョウの両耳に中指を突っ込んで、リョウの頭を私に押し付けます。
上から見ていても、リョウの喉が広がっていく感じがわかります。

私はリョウの口を犯している気分になり、すっかり陶酔してきました。
目の前が、ぼんやりとしてきます。

そして・・ふと・・思わぬ感覚に驚きました。
リョウの喉の奥に私自身が触れたとき、なんともいえない快感が私の中で沸き起こったのです。


(つづく)


P.S.

HPの修正をしなくてはしなくてはとおもいつつ
なかなか、そこまで手が回らない毎日です。
リンク直ししかできないのには、流石に参ります。

この日記の1年で、随分変わったのだから
そういうのがわかるようにすれば、面白いとは
前々から思っているのですが・・・


20041113232949.jpg


「おかしくなった日」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

おかしくなった日(その12)

激しいSEXで、体はすっかり使い物にならなくなった2人。
充実した体の感覚と、すっと落ち着いていく心。

幸せな気持ちになりながら、いつの間にか睡魔に引き込まれて
私は仰向けに、リョウは私の腕の中で、うとうとし始めました。
眠った時間は、ほんのわずかでした。

理由はわからないけれど、何だか嬉しくて、くすくす笑ってしまう私。
そんな私を見つめながら、美しい笑顔を見せるリョウ。
ぐったりしながらも、2人はいつものピロートークを始めました。

SEXのこと、SMのこと、普段の生活のこと。
リョウの話も私の話も、本当に他愛のないことばかり。
本当に友達と話しているように、普通に会話していました。
1時間くらいでしょうか。2人とも素裸のまま、ずっとそんな感じでした。

そして・・あと30分。
不思議なことに、2人とも同時期に同じことを考えました。
交わりたい。。。

『SEXをしたい』ではないのです。『交わりたい』なのです。
もう、体は使い物になりません。リョウに舐めてもらって、本当に挿入するだけでした。
お互いを抱き合って、交わっていることを確認しました。
お互いに相手の匂いを愛しく感じながら、幸せな時間でした。


でも・・・ほんの少し、愛欲がわいてしまったのは事実でした。
そしてこの日、私はリョウに初めてのことをさせたのでした。。。。

(つづく)



P.S.

忘れてはいけないことを、私は忘れていました。
些細なことだと思ってはいけないと、反省しています。
去年、リョウが『忘れたら許さない』と私にいったこと。
私も忘れることは無いと思っていたこと。

私は、リョウに指摘されて背中に汗をかきました。

いい加減に考えたことはありません。
でも・・・意識的に考えるのを遠ざけていた可能性は、否定できません。
きちんと記憶に、再度焼きこまれました。

最近、反省することばかりです。
ごめんなさい、リョウ。


P.S.2

予感が当たってしまったあなたへ。
(私の予想が外れていればいいのだけど・・・)
困っていたら相談に乗ります。
いつでもいいから連絡してください。


20041113232916.jpg


「おかしくなった日」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

Break: パートナーとしてのリョウ

一人事でも良かったのですが、なんとなく書き記したくなったので。

先日も日記に書いたように、私は自分のSが止まらなくなり
リョウと、少しもめたことがありました。

その後で、ある方とお話してそれがきっかけで
私はもう一度、パートナーとしてのリョウを見つめなおしてみました。

リョウは、どんどん先に進んでいく私に、一生懸命ついて来てくれました。
自分が苦手なことも、まず一度は経験してみようと。
自分が嫌だと思うことも、私がそれで楽しめるなら、自分はそれでいいとも。
今はMになれてないけど、いつかMになりたいと。
藍と一緒に楽しみたいと。それが私達の普通のSEXになればいいと。

その方が言うには、この世界というのは何度も何度も一進一退を繰り返し
悩み乗り越えて、肉体的にも精神的にも、次第に進歩していくものなのだそうです。

苦手なものは必ずあるんだ。少しずつ乗り越えていくんだ。
1の次に2、2の次に3とステップよく踏んでいくのではなく
2から1へ逆戻りしたり、3でずっと立ち止まったり、それはこの世界では普通だと・・・

極めて順調に、調教が進んでいるかのようにみえていた方からの
実体験に基づくお話は、私には非常に説得力のあるものでした。


とすると・・・・
パートナーとしてのリョウは、どうなるのでしょうか?
私は、リョウの欠点ばかりを見ていました。
ついていけないから待ってくれといわれて、苛立ちを感じていました。
でも、視点を変えてみるとリョウは、非常に重要なところを既に身につけているように
思えてきたのです。
私と一緒に歩みたいと思ってくれている。私を否定していない、肯定している。
すごくこれは重要なことなのだと、気がついたのです。

そして、さらに気が付いたこと。
それは、エゴなのはリョウではなく、私自身なのだと。
エゴマゾのリョウではなく、エゴサドの藍なのだと。

少し、自分が恥ずかしくなりました。
今度の逢瀬の時に、きちんと顔を合わせて謝ろうと思います。
まずは、日記で。

ごめんなさい。リョウ。
これからも、ずっと一緒に歩んでください。


ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

おかしくなった日(その11)

私は痙攣を繰り返しながら、リョウの体の中に何度も何度も吐き出しました。
リョウも、イクことこそ及ばなかったものの
最後のラストスパートの快感の余韻で体を震わせ、ビクビクと痙攣をしていました。

私は私の上でぐったりとして、身動きができなくなっているリョウを両手で抱き締めて
ずっとずっと、髪から背中を撫でていました。
次第に呼吸は落ち着いて、でも、同時にリョウは眠るように目を閉じて、静かになってしまいました。。。。


長い抱き合ったままの休憩の後に、体を離そうとしてもうまく体が動かずに
2人はなかなか、離れることができませんでした。
なんとか体の動くところを使って、並ぶように寝転ぶと
私もリョウも体全身に痛みを感じて・・・特に2人の結合部分は
自分で触ることもできないくらいの、酷い状態になっていました。


「やりすぎ・・・・たね。。。」
二人とも、少し恥ずかしいような照れ笑いをして、見つめ合いました。


(つづく)



20041113232834.jpg


「おかしくなった日」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

おかしくなった日(その10)

平手打ちの頻度は、非常に低いものでした。
パンと叩いてから、騎乗位のリョウをず~~っと下から突き上げて犯して
乳首をつねり上げて感じさせて、忘れたころにパンと叩く。
それの繰り返しでした。

乳首から手が離れると、次に平手打ちがくるのがわかります。
リョウは快感に浸りながらも、やはり恐怖に身を縮めてしまうようです。
手を顔の近くに感じると、瞑ったままの目をギュッと強くとじます。
私はリョウの緊張がほどけたタイミングを見計らって、叩くようにしました。

5、6回叩かれるうちに、リョウは能面のような表情になってきました。
延々と続く快楽責めのせいで、大汗をかいてもいます。

恐らく自分でも何をいっているのかわからなくなっているのでしょう。
「おひんひん、おひんひん。。。おひんひん」
と、熱病にうなされるように、恥ずかしい言葉をくり返していました。
そして腰を深く静めて、体の奥で私自身を感じていたのです。


女性の感じる時の、能面のような表情は美しいものです。
ましてや、最愛のリョウのそのような姿は、私を強烈に興奮させていきました。

私は、一気に突き上げるスピードを早くします。
リョウの叫び声、あえぎ声もそれに合わせて、甲高く切羽詰まったペースになっていきます。
気持ちいい。。なんて気持ちいのだろう!!!!
そう感じて間もなく私は一気に駆け上がりました。

「リョウ!!、イク、いく、いくいくいく、いく!!!!!!!!!!!」」


(つづく)



P.S.

この写真も、撮る時非常に緊張したものです。
ひとけの少ないところって、予期しない時に突然人が通りかかるんですよね・・・
なかなか、写真を撮るのって大変です。(笑)


P.S.2

メールをくれたあなたへ。
お返事いたしました。
本来のメールの趣旨と、違う方向に話が行ってしまいそうで・・
体のこと、心配しています。


20041113232059.jpg


「おかしくなった日」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

おかしくなった日(その9)

休憩も兼ねて、食事を取りました。
不思議なもので、あれだけものすごい責めをしても
食事のときは、いつもの2人の和やかな楽しい時間をすごせました。

スイッチが切り替わるような、そんな感じでしょうか?

休憩を挟み、2人とも体力が回復しました。
2人とも、また自然にスイッチが入り、まるで続きをするかのように、騎乗位で交わりはじめました。

今度は、完全にリミッターをはずして、全力でリョウの乳首を潰しました。
でも・・痛みはほとんど感じていないようです。
リョウはうわごとのように

「いい・・いい・お○んこ気持ちいい。お○んこ・・」

と、繰り返していました。
そして、先ほどと同じように、口元から涎をたらし始めました。
美しい恍惚の表情。そして、責められ喜ぶMの表情。
私は、自分の欲望を抑えきることができなくなりました。

恍惚とした表情をしたリョウの頬に、右手を添えました。
この時点で、リョウは次に何をされるかわかっていたはずです。
でも・・・全く表情も態度も変えず、快感に酔っていました。

私は・・・・・
リョウを平手打ちにしました。 パシッと。
決して強くなく。でも、明らかにわかるように叩きました。

リョウは一瞬顔をゆがめながらも、やはり快感に酔っています。
その表情を見て、私自身がリョウの中でムクムクと大きくなりました。
そしてそれをリョウが感じる・・・

それはまるで、私がリョウを平手打ちしたことによって
リョウが、喜んでいるように見えたのです。。。。。
私のリョウへの平手打ちは続くのでした・・・・・・

(つづく)



P.S.

いつもお世話になっていた方の日記が、急に拝見できなくなりました・・・
お話は聞いていたので、理由は予想が付くのですが。。。
やはり、寂しい気持ちはどうしても起きてしまいます。
いい方向に進むよう、祈っております。


P.S.2

某読者様。
いつも、この日記をお読みいただき感謝しています。お体はもう大丈夫ですか?
久しぶりに、そちら様の掲示板に書き込みしました。不躾で本当に申し訳ありません。
また、お話できることを楽しみにしています。


20041113232504.jpg


「おかしくなった日」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

おかしくなった日(その8)

多分、乳首を潰すようにかけた力は、全力に限りなく近かったはずです。

「痛いか?気持ちいいか?」

流石に、全力で乳首を潰しにかかっているので、私は少し不安になってリョウに聞きました。

「いはくない・・・きもひいい・・・」

ろれつが回らない声で、リョウはうっとりとしながら私に答えました。
ある意味、壮絶な姿です。
リョウも私も、かなり壊れていました。

私は、リョウに膝を突くように指示して、本格的に下から突き上げました。

「・・はぁ・はぁ・・ひぃ・・・いい・・・あひぃ・・・」

Gスポットを責め立て乳首をつねると、リョウは半狂乱になって喘ぎ始めました。
背中も顔も、グッショリ汗をかいて。
それは、リョウが感じている性感を、そのままあらわしているようでした。

次に、グイとリョウの腰をひきつけて、私自身を奥深く差し込んで
リョウの奥のポイントを責めました。

「はひぃ・・・いぁ・・・ひぃひぃ・・・」

リョウは声にならない喘ぎ声をあげて、口元をだらしなく開け
涎をダラダラたらして、快感に顔をゆがませました。

そして、とうとう、リョウはばっさりと姿勢をくずし、私に倒れこみ
抱きついたまま、動かなくなりました。

私はようやく、憑かれたように突き上げていたリョウへの責めを
一旦終了しました。

(つづく)


P.S.

いったい何人に、リョウの全裸は見られたのでしょう?
この写真を撮ったあと、リョウは結構、怖がっていました・・・

ところで、昨日日記で紹介したHPですが・・・
私個人は、(今となってはかもしれませんが)
あまり、文章は好きではありません。
少し物語じみていて、現実味が無いような。そんな気がします。

リョウも昨日の日記を読んで、HPを見たようです。
感想を聞くと・・・
やっぱり、私と同じ感じで、「ふぅ~~ん」
というものでした。


う~~ん・・・・・・・・・

いいのでしょうか?私達はこんなに過激になっても・・・(笑)
SMは、やめたはずなんですよねぇ。。。。


20041113233627.jpg


「おかしくなった日」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

リョウと藍

  • Author:リョウと藍
  • 快楽を求め続けてお互いに相手を狂わせて楽しんでいます。
    本ブログはYahoo! JAPANに掲載されています。

ブログ開始から

検索フォーム

CalendArchive

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

アクセス

総数:
本日:
昨日:

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。