FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

心の変化の過程

単独さん選びにリョウがうきうきしていると心がざわつきます。
嫉妬心はどんなときにも隠しきれるものではないですね。

不思議なことに、前はあれほどあった不公平感は無くなってきています。
つまり、リョウだけ他の男性と絡めるのに、何故、私はNGなのか?という
不公平感です。
やはり、単独さんとの遊びが楽しいからでしょうか。
見ているだけで十分楽しめます。輪に入る必要性がないのは、それはそれで楽しめるものです。

次回のパーティーは4人の単独男性をリョウが相手にすることになりそうです。
すでに前の紳士2人に追加して2人の紳士を選別完了とのこと。(笑)
そのうち、新規のお二人とはデートをしてくることになるのでしょう。

4人となれば、もうそれは乱交というよりも輪姦に近いですね・・・
なんともすごい世界だ^^

今から楽しみです。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

単独さんについて

今回、リョウと遊んでいただいた単独さん2人は、本当に大当たりでした。
リョウの人選眼は流石ですね。ちょっとびっくりしました。

リョウにも私にも気を配って頂き、丁寧なメールのやり取りを今でも
続けさせてもらっています。
あんまり、仲が良いので少々私もやきもちを焼くほどに(笑)

時折、募集した単独さんの質が悪い!などという悪口を聞きますが
それは、選んだ方の責任もあるような気がしています。
やはり、何度もメールのやり取りをしていれば自然と相手の性質は
わかってくるものです。
面倒がったり、どこか一面だけを買いすぎたりすれば当然トラブルも起きると
思うのです。普通の人間社会での出来事と同じですよね。


そうそう。
リョウが第2期の単独さんの募集を始めました。
今のところ追加でお二人を選ぶ予定です。
条件が非常に厳しかったにもかかわらず沢山の応募を頂きました。

しかも、不思議なことにNGになる単独さんが少ないのです。
はい。条件を厳しくしたことが却ってよかったようです。
なんとなく適当な募集をかければ、適当な人材が募集をしてきて
きちんとした条件を記述すれば、それに適応した人が応募してくるのですね。

当たり前といえば当たり前ですが、実際こういう募集をすると
なるほどとわかります。


ま、予想外だったのはリョウの方で、今のところ質のいい返事をくれた方
でしかもリョウの好みの外見の男性を何人も抱えてしまってどの方を
選んでいいのか迷って、嬉しい悲鳴を上げています。(笑)

こんな、他愛のないことも楽しいものですね。

次回は4人の男性を相手にすることになりそうです。
ちょっと、忙しすぎるかなぁ・・・
単独女性の支援をお願いするかもしれません。

なんとなく、私が最初に考えていたような仲間の輪に少しづつ成長しそうです。


ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

初単独さんとのプレイ(その2)

プレイの最中もそうだったのですが、今でも、なんとなく現実感がありません。
リョウが単独男性2人と3Pをした・・・確かにそのとおりなのですが
私が毎日見ているリョウとは、どこか違う他人のような気がしています。

プレイの最中のリョウは、非常に美しい貴婦人のようでした。
単独さんもプレイ後の感想で同じようなことを言っていました。

ですので、私もまるで写真撮影会にカメラマンとして参加して
モデルさん(実際はリョウなのですが)の写真を撮ることに専念して
いたようなそんな錯覚に襲われます。

なので、時々、そう例えばプレイ当日の写真を整理しているときに急に
写真の被写体とリョウが一致するときに、私は急にびっくりするのです。
リョウが、こんなことをしている!と。

そして、強烈な嫉妬を感じ、同時にリョウに対して強烈に欲情するのです。


リョウとの交わりは最近激しいものになってきました。
やはり、これは単独さん遊びの効果・・・なのでしょうか?

20101124.jpg

リョウに群がる男たちの姿です。
猥雑さより、何か違うものを感じます。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

初単独さんとのプレイ

先日、とうとう単独さん二人とリョウの3Pを敢行しました!!

二人とも非常に紳士でハンサムです。
リョウがいかにも選びそうな男性でした。

私は、撮影に専念して、男性二人を相手にリョウは楽しんでいました。
二人とも恐らくはこうした3Pは初めてだと思うのですが、非常に
息のあったコンビプレイをしてくれて、まるで事前に打ち合わせを
したかのような運びでした。

何より、この二人に関心したことは、リョウの反応を良く見ていること
そして、リョウと一緒に楽しむということに専念できるということでした。

SEXのテクニックも、いままで遊んだ男性達とは数段違ったレベルでした。
カップル&夫婦さんのパーティーに参加した時にも、ハプニングバーに参加した時にも
何が私の一番不満であったかというと、男性のテクニックがあまりにも稚拙だった
ことでした。

これは、リョウも全く同意見で正直何人を相手にしても満足いった
ためしはありませんでした。


今回の二人は、流石にこうしたプレイに熟達していたこともあり
非常にテクニシャンでした。
雰囲気作りも、愛撫の仕方も、そして挿入後のプレイも。


やはり、上手い下手はあるのだな~と痛感しました。
リョウも可愛い喘ぎ声を何度もあげて、楽しんでいましたし(笑)


私は、もうただただ喜んでいました。
お酒が入っていたこともありハイなテンションでシャッターを押しまくっていました。
面白かったのは、単独さんの一人が私と一緒にリョウともう一人の単独さんの交わりを
眺めていたときに、

「いや~ (奥さん)すごい綺麗ですね。。 見ているだけで興奮してしまいますね~」

と、素で話しかけてくれたことです。
実は私も全く同じことを感じていました。
四時間程度の遊びだったのですが、時間はあっという間でした。

四人とも大満足で再会を約束して別れました。


ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

褒められて

自分ながらバカバカしいとは思うのですが、私はリョウが他の男性に
褒められると嬉しくて仕方ありません。

「美人ですね」
「綺麗ですね。ちょっと緊張しています。」
「女性らしいですね。」
「かっこいい服似合いますね。」

何を言われても、何か自分のことを言われているように
うれしい。
それよりも、そういうことを言われて喜んでいるリョウを
みるのがもっと嬉しい。

「旦那さんも素敵な人なのでしょうね?」

リョウは笑っていたそうです。
気持ちわかります。
私もこれほど言われてなんと返答していいかわからない言葉
は他にありません。

「服、旦那さんが買ってくれたものなのですか?いいセンスですね?」

これもうれしい。確かにリョウの外出服や勝負服(?)は私が
勝手に買うことが多いので、これは直接ほめられている気分になります。

「旦那さんもかっこいい服着ているのですか?」

さすがにリョウは

「いえ、自分の服には興味ないようです。普通の服を着ています」


と答えたらしい。はい、その通りです。でも思わず爆笑してしまいました。



やはり、私はリョウが好きでしかたないのだなぁ・・と
再認識した日でした。


ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

遊びの志向性

リョウの単独さん遊びが目の前に迫ってきていて、ふと思うことがあります。
それは、そのあとどうしようか、ということです。
次の計画はどうしようか。どんなふうに展開しようか。

リョウとはいろいろ話をしてはいるのですが、2人の志向性の違いもあってなかなか意見があいません。
いろいろことを進めるうちに段々2人とも考え方が変わってくるのだとは思うのですが、なんとなく私自身が考えることを今日、メモしておきたいと思いました。


リョウの単独さん遊びが終わった後、私はこの「遊び」の輪を広げたいと思うのです。
まず、単独男性、信頼できるリョウの遊び相手を探したいと思います。
今回の単独さん遊びで付き合って頂いた男性もこの中に含まれるといいと思っています。
リョウは複数の男性に求められ、犯されることを望んでいます。
「輪姦」というと大げさですが、でもそうしたことを擬似的にでもされたいとリョウは思っています。
これは、この遊びをしながら段々彼女自身が自覚してきた、彼女自身の欲望です。
これは、まず最初に満たしてあげたいと思います。
ここまでは、リョウと私の共通目標です。

その次からは私の今現在の願望です。

次のステップは、その単独男性たちがいることを前提に、カップルさん、単独女性さんをこの輪姦の輪を広げたいのです。
複数の男女が乱交するという考えもあるのでしょうが、私はなんとなくそういう風に輪を広げるよりも、1人の女性を男性複数で寄ってたかって・・・という方に興味を持っています。
カップルさんにしろ、単独女性さんにしろ、私は質に拘りたいと思います。
やはり、犯す方の男性の立場としては、「イイ女」を犯したい、やりたい、と思うからです。

輪姦は、そういう願望を持った女性は案外多いのではないか、と私は考えています。
安全にかつ信頼できて顔見知りの仲間内だけのゲーム。そんな輪をゆっくり構築していきたいと思っています。

まだまだ、リョウとは話がついていません。
私自身も、この遊びを続けるうちに考え方も変わるかも、志向性も変わるかもしれません。
これは、今の段階での私の願望です。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

服選び

私は、女性の服装を良く知りません。
実際、女性と正対していてもほとんど服装を見ていませんし、見てもなんとも思わないことが多いのです。

実生活で、社会人として生活している時の私のスタンスはやはり実力主義であったり、見た眼よりも中身を重視するなどのある種の志向性をもっていますので、それが反映された女性の見方をします。

でも、何故かリョウの服を買うことはすごく好きです。

ふと暇があると、店のウインドウに並ぶディスプレイを眺めたり、ネットでの女性服の通販を見ていたりします。
リョウに着せる服を、リョウに似合う服を探すというのは、私の気持ちの中ではある種特別な領域になっているようです。
あれだけ女性の服に興味がない私が、リョウに似合う服となると目の色を変えるわけですから。


「自分の服なんかほとんど買わない癖に、なんで私の服ばかり探しているの?
 もう少し、自分の格好を気にすればいいのに。」


妻の、リョウの発言はもっともだと思います。
でも、私はやはり服に興味はないのです。
いろいろな服が良く似合う女、自分の妻の服だけに興味があるのです。

今月も既に沢山の服を仕入れました(笑)
リョウのデート用の服の準備も終わりました。
リョウは私とのデートの時に着たいと思っているようですが、私は単独さんとのデートに使うといいよと言っています。
全くもって変な夫婦です。




ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

拘りがない理由

不思議とリョウは、単独さん遊びにこだわりがありません。

「いつでも、やめていいよ。藍が嫌なら辞めよう」

リョウの言葉に、裏や嘘は無いようです。

最初の頃、リョウのこの言葉の意味がどうしても理解できませんでした。
自分が他の男性と遊ぶわけです。自分がしたい遊びをするのに、私がNOと言えば即座にやめる?これは一体どういうことなのだろうと?

私が少しNOと言っても、少々無理をしてでも遊びたいものなのではないだろうか?
私はそんな風に思っていました。


でも・・・・少し考えたことがあります。
もし、私がリョウの立場だったら?
もし、私が単独女性を応募して、沢山の応募がくるような男性だったとしたら。

確かに、募集をかけて沢山の異性から「是非、一緒に遊びましょう」というメッセージが沢山くればそれはそれで楽しいこと、うれしいことなのだと思います。
その中から、自分の気に入った異性を選びその人と好意的なメールのやり取りをするのもやはり楽しいことなのだと思います。

そして、実際に会ってみて・・・そして、行為に至る・・・・??・・・???
そう、ここで分かったのです。
会うことも、行為に至ることも、嫌ではないのですが自分のペースではないのです。
今、自分が極度に異性を求めているわけでもないのです。

なのに、会う?行為に至る? え・・・??

今の私は、リョウで十分満ち足りています。
どうしても、異性が欲しい状態ではありません。

なのに、会う?行為に至る? え・・・???



リョウが何故、いつでもやめていいよ、というのか、その理由がなんとなくわかった日でした。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

デートの準備

単独さんを募集してから、リョウは自分の気に入った単独さんと毎日のようにメールを交わしています。メールの内容は、時々私は読ませてもらっていますが、他愛のない内容のものをやり取りしているようです。

メールのやり取りは、1、2回程度ならごまかしはきくものですが、1カ月を超えてしまうとやはりその人の人格はどうしてもにじみ出てきてしまいます。
リョウ自身も、なんとなく普段の彼女の性格が反映されたようなメールが多くなってきており、相手の男性の反応の仕方も少しずつ変わってきています。

そろそろ単独さんと実際に会ってみて、その人柄その他を実際に確かめてみるという段階になりました。
リョウと私とで、いえ実際はほとんど私が手配しているのですが(笑)、デート場所、デート方法、デートに着ていく服などの準備をしています。

実際は、リョウのことなのに何故か自分のデートの準備をしているような、そんな錯覚を感じます。うまくいえないのですが、夫婦で1人のような気がしてしまうのです。


前の日記でも書いたように、リョウは男性との付き合いが若いころ非常に少ないせいもあって、あくまでも、私の視点からではありますが、聞いた限りではまとにもデートらしいデートをしたこともありません。
だから、男性とのデートの仕方や、話題つくりや、男性の気を引く方法や、そんなものも私がリョウに教えてあげる・・・という始末だったりします。
なんというか、仲の良い後輩女子に先輩女子がアドバイスをするような、そんな感じなのです。

自分でもなにか可笑しいなと思います。
そろそろそのX-Dayです。
初めての面接という名のデートの日が近づいてきました。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

リョウと藍

  • Author:リョウと藍
  • 快楽を求め続けてお互いに相手を狂わせて楽しんでいます。
    本ブログはYahoo! JAPANに掲載されています。

ブログ開始から

検索フォーム

CalendArchive

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

アクセス

総数:
本日:
昨日:

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。