FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

残り30分(その4)

「もう、濡れてる?」

「ううん。濡れてない。」

そんなはずはありませんでした。
リョウだって十分自分の体はわかっているはずです。
でも、顔を伏せて答えているところを見ると、たぶん猛烈に恥ずかしかった
のでしょう。そういうときのリョウの態度はいつもこうです。

「そう。」

私はリョウのズボンのチャックを下すと、中のリョウのショーツも
下に強引に引き下げて、リョウの秘所に指を這わせました。
その間、リョウはまったく無抵抗でした。むしろ協力的に体を動かして
いました。そして、その態度はまさにリョウのあそこも同じでした。

ぐっしょり。
リョウが、こんなに濡れるのは珍しいのではないでしょうか。
入口は勿論のこと、茂みまでリョウの愛液は噴き出していました。

「すごい・・・」

リョウは恥ずかしそうにしながらも、大胆に抱きついてきてキスを
しました。私の指がリョウのクリにあたりました。

「んッ・・・」

私はびっくりしました。こんなにリョウのクリが大きくなっているのは
初めてでした。明らかに勃起しきっているのがわかります。
倒れかかりそうになるリョウを私はしっかり抱きしめました。


(つづく)


残り30分 シリーズ一覧


ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

リョウと藍

  • Author:リョウと藍
  • 快楽を求め続けてお互いに相手を狂わせて楽しんでいます。
    本ブログはYahoo! JAPANに掲載されています。

ブログ開始から

検索フォーム

CalendArchive

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

アクセス

総数:
本日:
昨日:

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。