FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

残り30分(その6)

何度も何度も頭を真っ白にさせて、私の愛撫は終わりました。
リョウのクリを触っていた左手の中指はリョウの欲情の印で
真っ白になっていました。

中指をリョウの唇にあてると、リョウは何の躊躇もなく
自分の愛液をなめとりました。その目はやはりトロンとしていて
欲情をそのまま表情にあらわしていました。

私は、急にリョウに反応してしまい愛液がついたままのリョウの
唇をむさぼりました。

(もう、時間かな。今日はここまでかな。。)

唇を離して、時間を確認したその時です。
リョウが、小悪魔的な笑みを浮かべながら私の下半身に手を当てて
来たのです。そして、私のズボンの上からペニスを鷲掴みしていました。

まさか・・・と思った時には、キスをしながらズボンのチャックを
おろしていました。そして、ブリーフの中に細くしなやかな指を
忍び込ませてきました。
まるで、私がさっきやったことのお返しのように。

「え・・? どう・・するの?」

リョウは答えないで私に微笑みかけます。
リョウはペニスをズボンの外に引き出すと、いきなりしごき始めました。
私にはリョウが何を考えているのかさっぱりわかりませんでした。

(つづく)


残り30分 シリーズ一覧


ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

コメント一覧

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/11/08
  • - ◆
  • [ ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

リョウと藍

  • Author:リョウと藍
  • 快楽を求め続けてお互いに相手を狂わせて楽しんでいます。
    本ブログはYahoo! JAPANに掲載されています。

ブログ開始から

検索フォーム

CalendArchive

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

アクセス

総数:
本日:
昨日:

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。