FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

残り30分(その7)

いったい何のために、リョウはいきなり私のペニスを愛撫し始めたのでしょう?
私はその趣旨が理解できないままでいました。

ここで、私とSEXをむりやりしようとしている?
 -いくらなんでもそれはないでしょう。人の目をさけれるといっても
  人の乗り降りが結構多い駅のホームでSEXは無理です。

ひょっとして、最後まで逝けない苦しさを私にも与えようとしている?
 -その可能性はあるのかも知れないけれど。でもその割にはリョウの
  目にいたずらの色がほとんど見えないのが不思議でした。

リョウは私の疑問に答えることなく、熱い唇を私の唇に押し付けて
そして、強めに私のペニスをしごき続けます。

(ひょっとして・・・・私を逝かせたいの?)

理由はともかくとして、この愛撫の仕方はそれをめざしているとしか
思えませんでした。

リョウが私の体を抱きしめている手を私はそっと取ると、私の逝く時の
ポイントへそっと導きました。
リョウは、そうだ、と思い出したようにその部分を愛撫しました。


私の体に響く快感が何倍にも跳ね上がりました。
立ったままの姿勢で体中に力が入り、下半身が熱く燃えてきました。

(つづく)


残り30分 シリーズ一覧



ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

リョウと藍

  • Author:リョウと藍
  • 快楽を求め続けてお互いに相手を狂わせて楽しんでいます。
    本ブログはYahoo! JAPANに掲載されています。

ブログ開始から

検索フォーム

CalendArchive

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

アクセス

総数:
本日:
昨日:

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。