FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

残り30分(その10)

リョウの話はもう少し続きます。


「本当だよ。
 ああいうのを、欲情してるって言うんだろうなって思うよ。

 だけど、「舐めたい」と思ったのは、初めてだよ。

 精液そのものを、舐めたいというのとは、違う。
 ペニスを、舐めたかったんだ。」


リョウは私のペニスをなめ清めると、お手洗いに向かって
歩いて行きました。
私は身だしなみを整えて、リョウを待っていました。

逝けないままで終わるとリョウは欲求不満であるということを
私に良く訴えていましたがこの日は少し様子が違っていました。
少し赤みがかかったリョウのほほは、若く生命力がみなぎって
見えました。


もう、別れる時間でした。
リョウは改札をでて車に向かって歩いていきます。

私はずっとリョウを見送っていました。見えなくなるまでずっと。
リョウも何度も何度も振り返りました。

愛してる。
愛してる。リョウ。

私は心の中で何度も何度も繰り返しました。


残り30分 シリーズ一覧


ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

コメント一覧

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/11/14
  • - ◆
  • [ ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

リョウと藍

  • Author:リョウと藍
  • 快楽を求め続けてお互いに相手を狂わせて楽しんでいます。
    本ブログはYahoo! JAPANに掲載されています。

ブログ開始から

検索フォーム

CalendArchive

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

アクセス

総数:
本日:
昨日:

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。