FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

脚を絡めて(その6)

アナルで結合したまま、私はリョウの上半身を起こさせて両乳首を後ろから手を回していじりました。
アナルを犯すスピードと乳首をさすり指先でこねるように愛撫する動作を同期させるとリョウは少しずつ壊れていきます。

「・・あ・・ん・・ぃい・・いいん・・おしり・・いい・・きもちいぃぃ。。。」

たっぷりと後ろから腰を打ち据えた後、交わったままの状態で今度はリョウをそのままうつぶせに寝かせます。
リョウの背中と私の腹を当てる感じで後ろから覆うように犯し始めます。
リョウの足をうつぶせの状態で開かせて、そこに私は自分の足を割り込ませてそしてリョウのお尻を割って、アナルの奥深くに挿入させるのです。

この体制は直接リョウのアナルのポイントを私自身の先端が突くことになるのでリョウは身動きできずにひたすら快感を送られることになるのです。

そして、私は今日リョウに試そうと思っていたことをトライしました。
リョウの腰を少し上に上げさせて、腰とベッドの間の空間に右腕を回しこむのです。
こうすると、指先がリョウのクリに当たるようになります。

リョウはうつ伏せで、足を広げられて少し腰を浮かすような状態になっています。
この体勢だとリョウのあそこは広げられた状態になりクリはむき出しになってしまうのです。
リョウのあそこに指を這わせ、愛液を沢山つけて私はリョウのクリをそっと触りました。リョウは初めての体勢を取らされてしかも身動きできない状態でいきなりこの快感を体に受ける羽目になりました。

「・・あ・・え?・・ぃぃぃいいいやぁ~~ぁ。。。」

私は、腰を使ってリョウのアナルのポイントを叩きつけるようにピストンを開始しました。
同時にクリトリスの先端部分とその少ししたの部分を一気にくりくりと回すように愛撫します。

「うぐぅぁぁああああ・・んあくぁ・・ぐはぁぁ。。。くぉぉおぉああ!!」

リョウはひたすら獣のようにほえ始めました。
リョウの腰が跳ね上がろうとします。足が痙攣しています。
でも、私はリョウの脚に自分の脚を絡めて柔道の寝技のように押さえつけてリョウに強烈な快感を送り続けました。

(つづく)


20050525.jpg



「脚を絡めて」 シリーズ一覧

ブログランキング参加中です。
↓応援してくれる優しい方はクリックお願いします。

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

リョウと藍

  • Author:リョウと藍
  • 快楽を求め続けてお互いに相手を狂わせて楽しんでいます。
    本ブログはYahoo! JAPANに掲載されています。

ブログ開始から

検索フォーム

CalendArchive

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

アクセス

総数:
本日:
昨日:

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。